脇汗対策にデオドラント剤を使う?!OLの本音

腋汗にデオドランドは有効か

まず、腋汗はどうして夏に多いのか、それは、紫外線などから肌が暑さを感じ、余分な水分を出そうとする働きが非常に強い部分が腋だからです。

 

その腋汗を放置しておくと、腋汗と一緒に流れ出た細菌や腋汗の影響で腋に雑菌が残ってしまい、やがてワキガの原因にもなってしまいます。

 

しかし、最近見かけるデオドランドは年々進化していき、ワキガがひどくて隠したい人には香付きのデオドランドが、匂いがきつくて普通のデオドランドが使いづらい人には無臭のデオドランドが人気です。そして最近のデオドランドの中にあるのは「腋汗パット」という形になって、腋汗を吸い取ってくれる便利なデオドランドの一種です。

 

このデオドランドの効き目は、種類によって異なりますが、やりすぎると肌荒れ、アレルギー物質による金属アレルギーになる恐れがあります。ものによっては肌に優しいデオドランドもありますが、一日に何度もやると、やりすぎて肌の異常や皮膚病になる可能性もあるため、朝1回または朝と夕方の2回使うだけで大丈夫です。

 

腋汗をかいた後の服はすぐに洗濯し、使いまわしは避けたほうが、デオドランドの効果は期待できます。もちろん、デオドランドで一番店頭でよく見かけるのが『8/4(エイトフォー)』ですが、かなりの効果があるものの刺激が少しあるので、使用回数は気を付けたほうがいいデオドランドです。

 

脇汗対策

夏になると汗をかきやすくなり、特に女性は脇汗が気になりますよね。電車でも脇汗を大量にかいている人を見かけると、汗をかくのは仕方がないことなのですが、正直にいうと引きますよね。では、どういう対策があるのでしょうか。

 

脇汗シート

これは汗を抑えるものではなく、汗を吸い取って衣類に付着しないようにするものです。洋服に合わせてたくさんの色のものが販売されております。またノースリーブにも対応できるものも販売されており、非常に人気です。シートが汗を吸っても不快なにおいがしないように加工も加えられております。何よりも汗を無理に抑えないという点が良くて、健康的です。

 

制汗剤

さまざまな種類があり、スプレータイプ、ロールオン(塗る)タイプ、クリームやジェルタイプ、スティックタイプ、シートタイプなどがあります。どれを選ぶかは好みによりますが、強力に汗を抑えたい人は、ロールオンタイプがオススメです。ただし、強力であるがゆえにべたつきや乾きにくさを感じることがあります。どのタイプにも汗を抑える、汗のにおいを抑える効果があります。薬剤が汗腺に付着して汗腺の目詰まりが起こりやすくなりますので、個人的には制汗剤はあまり使用しません。しかし、シートタイプと比べると手間が少ないため、人気があります。